読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これね!

これ、話題?

あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。)が実写ドラマ化

2011年4月~6月までフジテレビの深夜アニメで放送されていた、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(あの花)が、いよいよスペシャルドラマとして実写化することになったそうです!

あの花の原作とアニメの大ファンだったかたは、かなり関心を持っていると考えられますが、分からないかたの為にも、キャストとあらすじをご覧ください!

 「あの花」のあらすじは?

 ファンやアニメに精通している人からは「あの花」としてお馴染みの作品。

しかし本当は長い・・・「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」というタイトル。

アニメの挿入歌には、ZONEのsecretbaseをカバーしたものが採用されていて、作中に流れてもう涙腺崩壊してしまうほどフィットするんです。

あらすじをちょこっと説明しましょう!

主人公の高校生じんたんが、小学生の頃に亡くなった幼馴染のめんまの幽霊が前触れなく見えるようになります。

そのことがどうしてか、めんまは自分に少しも願いを成就させてもらいたいのか・・・

そんな事を思いつつ無邪気に笑う幽霊のめんまと共同生活を経験することになります。

 それから登場人物は他にもいて、めんまが生きていたころに仲良し6人グループの

超平和バスターズ」メンバーも、再び再結集することになるのです!!

 めんまが亡くなってから、彼らの間には距離が生じてしまって、それぞれの芽衣子に対する後悔や未練や負い目をもっていたのです。

離れていたメンバーたちが、めんまの為誰もが再び動き出して、各自の距離をもう1度縮めて行くのです!

見どころは、超平和バスターズの中でのちょっとしたロマンス。

恋愛模様のお陰で、仲がいいべきメンバーの気持ちに小さなずれがあるんですね。

 嫉妬、愛情、友情、それぞれの思いに奮闘すると同時にも感じること・・・。

やはり6人でいたころがミラクルかのように幸せだった。

めんまの優しい笑顔が大好きだった。

もう1回、皆でやり直そう!!!!

めんまはもう亡くなられてしまっているところが重要なワード。

 アニメ版は、映画も公開されて大好評でしたが、アニメファンから考えれば実写化は意見が分かれると思うので感想が気になってしまいますね!